2021/04/03NEWS

『フィン・ユールの名作 “FJ-01 = FJ-53 山桜” さよならキャンペーン』のお知らせ

 

世界で最もユニークなアームをもつ椅子= FJ-53

※ FJ-01 はキタニの商品名です

 

 

みなさん!北欧デンマーク家具デザインの巨匠フィン・ユールをご存知でしょうか?もちろん今も、知っている方は知っていて、知らない方は知らないのですが、25年前は知っている人などほとんどいなかったように記憶しています。

そうした中、1986104日、日本の飛騨高山にあるキタニと言う家具工房が、フィン・ユールのNo.53FJ-53)の製作ライセンスを取得したのです。これは日本の北欧家具普及史におけるエポック的な事件であり大変異例なことでした。当時、No.53のライセンスを相続していたフィン・ユールの奥様(Hanne Wilhelm Hansen)が、キタニの家具職人の技と気質に信頼を寄せ、特別にデンマーク以外の国へ製作ライセンスを貸与されたのです。

 

 

 

 

それ以来、日本でのフィン・ユールの知名度は徐々に高まり、同時に北欧家具全般が日本の一般の方々に広まって行くことになったのです。今では、この日本での広がりがさらにアジア全般に広まっています。しかし残念なことに、そのライセンスの25年間の貸与期間が2021103日で切れることになりました。もちろんその後もデンマークの家具メーカー“House of Finn Juhl” にライセンスは継承され、製作は続けられますが、キタニが日本でライセンスを取得した記念に採用することにした日本の固有種である山桜(ヤマザクラ)によるFJ-53の製作は途絶えることになります。

 

そこでロゴバは、これまでキタニと共に四半世紀を掛け、北欧家具の普及に微力ながらも貢献できたことへの喜びの気持ちを込めて、桜が日本中で満開を迎えるこの時期に『フィン・ユールの名作“FJ-01 = FJ-53 山桜さよならキャンペーン』を開始いたします。

 

 

期間は、41日(木曜日)から831日(火曜日)まで。

プレゼントは、キタニからは最終モデルであることを示す特別記念プレートを商品に付けていただきます。

そして、ロゴバからは、今年で会社設立25周年を迎えさせていただきましたことへの感謝の気持ちも加え、ご注文いただいたお客様へ『スペシャルプレゼント』をご用意させていただきます。その詳しい内容につきましては、店頭でお伝えさせていただきますが、必ずお喜びいただけると信じています。

 

 

この機会に是非、フィン・ユールの名作“FJ-01 = FJ-53 山桜をご検討くださいませ。