New KAITAG

アララト山の東でうまれた幻想の刺繍布 “KAITAG” &『new KAITAG』

〈ロゴバ〉がご紹介する [new KAITAG] (綿布に全面シルク刺繍をした布) は、黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス地域のアルメニアという国に住む非常にハイレベルな刺繍技術をもつ女性たちが、こつこつと長い月日を掛け作り上げた芸術性豊かな工芸作品です。一点一点幻想的で不思議なデザインをもつこの [new KAITAG] は17〜19世紀に盛んにつくられたコーカサス地域の刺繍布がその原点で、特に19世紀中頃に途絶えてしまったダゲスタンのカイタグ地方の女性たちが芸術的領域にまで高めた刺繍布 “KAITAG” (綿布の上に文様をシルクで部分刺繍) がそのデザインソースとなっています。おおよそ110cm×70cm程度の刺繍布 “KAITAG” は、一説によると、当時、新妻が嫁ぐ際、嫁ぎ先へと持参し、子供が生まれた時にはその子供を寝かしつけるゆりかごの上に覆い、子供がその不思議な刺繍柄を見ながら安心して眠りに入り、楽しい夢を見るようにと願いを込めてつくられたと言われています。しかし、このユニークなデザインをもつ “KAITAG” も、19世紀には、人々の生活から消えてしまいました。そのため、当時の “KAITAG” は現存するものが非常に少なく、コレクター垂涎の刺繍芸術として高い評価を得、現在非常に高価な芸術作品として取り引きされています。

『new KAITAG』プロジェクト

甦った手仕事の伝統刺繍

『new KAITAG』は、オリジナルの “KAITAG” の芸術性とそれを上回る刺繍技術によって、人の手技が生み出す感動を現代の生活・空間に持ち込みたいとの願いから、2004年に開始されたプロジェクトにより生まれた作品です。作り手の住むアルメニアでは、古くから長い月日をかけて縫い上げる家庭刺繍が、アルメニアの文化・伝統として定着してきました。それらは純粋に家庭用としてつくられるもので、刺繍が生活の中で重要な役割を果たしています。つまり、刺繍は若い花嫁の技能や美的感覚を実証する大切な嫁入り道具として考えられ、女性たちは若い頃に母親から刺繍を学び、その技術をさらに自分の娘へと伝えていきます。こうした刺繍が家族に幸運をもたらすお守りとしての役割を果たすとともに、社会的身分を現すアイテムとしても大切にされてきました。この『new KAITAG』プロジェクトは、そうしたアルメニアの生活文化の中、優れた刺繍技術をもつ女性を作り手に選ぶことからはじまり、現在のアルメニア国内の刺繍が合成繊維と化学染料を使用する環境にあるにもかかわらず、あくまでも素材をシルクと自然染料にこだわり、優れた染め職人が草木染めした上質な絹糸の入手に努力しました。そして、女性たちにそれら良質な材料を提供することで、作品の品質をより一層高めたのです。プロジェクトが始まってから数十年が経った現在、この『new KAITAG』をつくる熟練職人(女性)のもつ高度な技能が生み出す複雑な刺繍は、国際的市場で大変高く評価されるまでになりました。

© 2016 ROGOBA.